ロレックスなどの高級腕時計も出張サービスで安心の買取

資産運用の流れ

ゴールドバー

資産運用の流れが変わりつつある中で

世界的な経済危機はまだ終わらず、その追い風を受けて資産運用の形が少しずつ変化してきているのです。これまでは株券や債券など、証券関係に資産をつぎ込み増やすようにしてきたのですが、経済危機からの不安から、有価証券ではなく別のものに資産を変える人が増えてきているのです。どうしてかといえば有価証券はそのものには価値がなく、あるのは与えている信用なのですが、それが崩れた場合単なる紙屑になってしまう危険性があるのです。その一方、金などの貴金属はそのものにも価値がありますし、破損や劣化などをしない、しかも保管するのに楽とあって価値が高騰しているのです。そのために金の買取業者なども活発に動き出し、トラブルも起こっているのです。

手持ちの資産価値を知る必要性

金の買取トラブルに関してはテレビのニュースなどでもお馴染みでしょうが、訪問販売ならぬ訪問買取で、最初は貴金属の鑑定からはじまって、言葉巧みに手持ちのアクセサリー類の買取をしてしまうのです。最もこれは違法ギリギリであって、完全に違法とはいえないのが厄介で、金の最低価値を口にして持ち手が了承してしまったのですから、違法とは言えなくなってしまうのです。特に狙われているのは中高年以降の主婦で、アクセサリー類を持っていますが資産価値については皆無で、いいかもにされてしまうのです。こういうことから身を守るには、自分の手持ちのアクセサリー類の価値を常から知っておくことが大切で、結局のところ知識が自らを守ってくれるのです。